美魔女の洗顔法

美魔女コンテストグランプリ受賞の「山田佳子」さん
 
50歳なのにシワがほとんどなく、30代でも全然通用する非常にかわいい人です。
今回は山田佳子さんのオリジナル洗顔法を紹介します。
 
洗顔手順は6つ。

  1. ぬるま湯で素洗い
  2. 保湿オイルを塗る
  3. 蒸しタオルで顔を温める(2分)
  4. 氷水で洗顔
  5. 化粧水をつける
  6. オイルの美容液を塗る

ポイントは2の保湿オイルを塗るところで、洗顔前に保湿オイルを塗ることによって肌を保護するそう。
 
また蒸しタオルで温めて毛穴を開き、氷水で洗顔することで血行が良くなり肌のキメが細かくなるとの事。
 
山田佳子さんの美しさは並々ならぬ努力の賜物で保たれていたのですね。

・・・毎日やるのは大変そうです。
でも、蒸しタオルで温めてから冷水で洗顔するのは良さそうですね。

私もやってみたいと思います。

知らなかった!?フェイスマッサージとスキンケアの重要性

アラフィフになると、老けが一気にすすみます。
たるみやこけが目立ち、げっそりした感じになるとかなり危険。

でも安心してください。
スキンケアとメイクでボリュームのある肌を作れるのです!

そのためにはフェイスマッサージがおすすめ。
また、クリームにお金をかけて良いものを使うのも非常に有効です。

たるみやこけに共通するのは「ボリューム不足」です。
顔の筋肉をつけ、ふっくらとした肌にすることで30代の頃のハリを取り戻すことも可能です。

まずはフェイスマッサージです。

頬骨をマッサージして筋肉をつけ、目元、口元を引き締めシワをとります。
またおでこ付近の頭皮もマッサージを行うことで、おでこのシワもとることができます。

また、スキンケアでは、保湿下地の重ね塗りが有効です。
目元、口元のしわやほうれい線に沿って下地を重ね塗りすると、しっかり潤って目立たなくなります。

スキンケア時には、同時にスチーマーを使いましょうね。

スチーマーを持ってない方は、ぜひ購入をオススメします。

最近は水素が発生するスチーマーなんかもありますし、
持ち運び可能なものを1台持っておけば、重宝しますよ。